食べて痩せる!コレステロールを意識した食事レシピのメイン画像

おすすめレシピ1 真鯛のカルパッチョ

【やせるメカニズム】


コレステロールの中には善玉コレステロールと悪玉コレステロールが存在します。
その名の通り、悪玉コレステロールは体に悪さをする物質なので、どんどん排出していきたいものです。

また、健康診断でよく聞く「中性脂肪」も悪玉コレステロールを増やす手助けをする働きがあるので、一緒に撃退しましょう。

コレステロールを下げるには「飽和脂肪」を減らすことが重要です。

そのためには「不飽和脂肪」を上手に摂取することが必要です。

「不飽和脂肪酸」の中にもさまざまな種類があるのですが、その中でも「オレイン酸」という物質が効果的!

オレイン酸はオリーブオイルなどの植物油のなかに含まれています。ダイエット中だからと油をよけすぎると、逆効果!

この真鯛に含まれる「DHA」は中性脂肪を下げる効果もあるので、一石二鳥のレシピです。




【材料と作り方】


◯材料(2人分)
真鯛のお刺身(DHAたっぷり):8切れ程度
オリーブオイル(オレイン酸たっぷり):大さじ4
塩:少々
ニンニクチューブ:3センチ

◯作り方
1:ニンニクチューブを皿の中央に広げます
2:真鯛のお刺身を円を描くように皿に並べます。
3:オリーブオイルをたっぷりと回しかけ、お好みで塩を少々振りかけます

レシピ、なんて呼び方をしていいのか心配になるくらい簡単ですね。

「忙しくってなかなか自炊ができない」なんて方も、このくらいのハードルの低さから始めてみてはいかがでしょうか。

社会人で太ってしまった人の多くは自炊をしていない傾向にあります。特に脂っこい食べ物は買わないようにしてるのに太ってしまうこと、ありませんか?

自炊をしてみるとわかるのですが、食べ物は「油を使うほどおいしくなる!」と言えます。

買い物もしてみると痛感するのですが、「健康な油ほど、値段が高い!」と言えます。
コンビニやスーパーで「おいしいもの」を「安く」買うと、ほとんどの品で安い油が大量に使われています。

手間のかかる調理なんて必要ありません。少しでも自炊、始めてみてください。