食べて痩せる!コレステロールを意識した食事レシピのメイン画像

【まとめ】食べて痩せることはできる!

【食べても痩せることはできます!】


「太らない食べ物」に執着するのではなく「代謝を良くする食べ物」を上手に食べることで、今ある脂肪もエネルギーに代わり、痩せることができるようになるのです。
食べないダイエットをして、食べたいものを我慢するストレスで失ったものもあるのでは。

友達との楽しい女子会、彼氏との笑顔のランチ、職場の親睦を深める飲み会・・・。

それらはあなたが“痩せること”と同じくらい大切なものなのでは。

リバウンドしない、健康的で、ストレスフリーなダイエットをするなら、必ず食べること。

そのために心掛けたいのがビタミン、ミネラル、オレイン酸、食物繊維です。

毎日3食の食事に、いちいち気を使っていられないという方はおおざっぱに「食生活を和食にする!」と意識してください。

和食は低カロリーで栄養の多い食材がいっぱいです。常備菜といって一度作ったものを日持ちさせる工夫もたくさんなされています。

迷ったら和食。めんどくさくなったら和食、と覚えておいてください。

ビタミンは野菜に多く含まれていますが、野菜はサラダばかりを食べていても目標摂取量は食べられません。

煮物や和え物などでおいしく多くの野菜を摂取しましょう。

ミネラルは海の食材に多く含まれています。主菜で摂取しづらい食材が多いので、毎回の食事に「副菜」を入れることを意識してください。

コレステロールを下げる不飽和脂肪酸は油の中に含まれています。

ダイエットだからと必要な脂質を削りすぎては逆効果です。

油は食事をおいしくしてくれる重要な素材です。

上手に摂って体のバランスを整えましょう。

そして食物繊維は腸の働きを助ける重要な要素です。

腸内フローラを保つことは、ダイエットばかりでなく健康維持の観点からも大きく注目されています。

手軽に野菜を摂れる野菜ジュースには食物繊維が含まれていないものが多いのです。

また具体的にどのようなレシピがコレステロール対策によいか
迷った時におすすめなのが、コレステロールLABOというサイトです。

このサイトでは専門家がコレステロールを下げる対策を説明しているのですが
コレステロール値を下げるレシピも紹介しています。

作り方や分量の説明も書いてあるので、よかったら参考にしてみてくださいね。




【リバウンドをしないためにも・・・】


食べないダイエットをすると、必ずといっていいほどリバウンドをします。
ダイエットとリバウンドを繰り返すうちに、あなたの体は日に日にボロボロになってしまいます。

一度減食をしてしまうと、体はその食事量に慣れてしまい、脂肪や糖質をため込む体になってしまいます。

せっかくダイエットに成功して、元の食生活に戻すと、普通の食事量でも体には「食べ過ぎ」に反応してしまうし、ため込む体質になっているので今まで以上に太りやすくなってしまいます。

代謝を良くする食べ物をどんどん食べて、食べたいものも食べながら今の脂肪をどんどん燃やしましょう!

あなたのダイエットが成功することを祈っています。